ロゴ

電話SiteMap

メインビュー

部分矯正Q&Aについて

これまでご来院頂いた方から多かった質問を抜粋しています!

部分矯正Q&Aはこちら

Q審美治療と部分矯正は何がちがうの?

一般的に審美治療とは、前歯をセラミックのかぶせもので綺麗に並べるために便宜的に歯を抜いたり、歯の神経を取ったり、歯の表面を削ったりします。芸能人がいきなり綺麗な歯並びになるのはこういった審美治療によるものです。一方、部分矯正治療は歯並びを並び替え、歯と歯の隣接面を削って歯を中へ入れていく矯正治療法です。それぞれに、メリット・デメリットがありますのであなたがどのようにしたいかによって最適な治療法はちがってきます。

Q精密検査ではどのようなことをするのですか?

模型、写真、レントゲンなどの資料をもとに最終的な治療方針を立てます。

Q前歯の上の歯だけ矯正した場合下の歯との噛み合わせはどうなるのですか?

前歯だけの矯正の場合には審美治療のように前歯の見た目の歯並びを並び替えるだけなので、噛み合わせは関係ありません。ですので下の歯と噛み合わなくなるということはありません。

Q親知らずは抜いたほうがいいのですか?また、抜くとしたらいつ抜けばいいですか?

前歯だけの矯正治療では奥歯は一切動かさないので基本的には親知らずを抜いてもらうことはしません。理屈的には矯正をしない人であっても親知らずがないほうが前歯は乱れにくいので抜いておいたほうがいいと思いますが、歯を抜くことに抵抗のある方もおられので、実際には前歯だけの矯正で親知らずを抜く方はほとんどおられません。歯を抜くのに抵抗がなければ親知らずを抜いたほうが元の歯並びに戻る確率は低くなります。また、抜くとすれば矯正前に抜いたほうがいいでしょう。

Qマウスピース矯正とワイヤー矯正はどっちのほうがいいの?

矯正治療にはいろいろな要因があるので一概にはいえませんが、ワイヤー矯正のほうが大きく歯を動かすことが可能です。患者さんがワイヤー矯正でもマウスピース矯正でもどちらでもいいといわれた場合はワイヤー矯正をお勧めすると思います。ただ、ワイヤーをつけるのがイヤで矯正治療を迷っている方にとってはすばらしいことなのです。金澤むさし歯科医院ではワイヤーを選択された方でも早い目にワイヤーをはずしマウスピース矯正に移行していきますが、それぞれにメリット・デメリットがあるので歯の状態とワイヤーが見えるのがどのくらい嫌かによってかわってきます。

Q人前で話す必要がある人でもマウスピース矯正はできますか?

マウスピースを装着して2,3日は話すときに少し違和感を感じると思いますが、入れ歯の人が入れ歯を使い始めてしばらくすると普通に話すことができるのと同じようにマウスピースがあることを脳と舌が覚えてくれるので1週間もすれば今までのしゃべり方と同じようにしゃべれるようになります。

Qどうしても大切な仕事やデートの時には、マウスピースをはずしてもいいですか?

マウスピース矯正は原則、歯磨きのとき以外はずーっと装着していただきたいのです。しかし、どうしても大切な仕事や、お見合いの時など、やむおえない場合には取り外していただいてもかまいませんがワイヤー矯正とは違い装着していてもそれほど人の目を気にする必要はないかもしれません。

Qマウスピースは1日どのくらい装着すればいいの?

基本的に矯正治療は24時間同じ方向に弱い力で動かしていくものですので歯磨きのとき以外はできるだけ長い時間装着していただくことが望ましいです。マウスピース矯正は取り外しができるのがメリットですが、装着したりしなかったりでは治療期間が延々と長引くことは確かです。そのため患者さんの協力が必要不可欠です。

Qマウスピースをするのをサボることで元のようになってしまうの?

歯を動かすことは大変で、とても時間がかかります。せっかく動いた歯がマウスピースの装着をサボることによって、簡単に元に戻ってしまいます。

Qマウスピースを装着するとどんな感じがしますか?

マウスピース矯正は、マウスピースが特定の歯に一定の方向の力を加えるので動かそうとする歯が圧迫される感じがします。動かそうとしてる歯の周りは少しきつく締め付けられるように感じます。これは、新しいマウスピースを装着直後にありますが時間とともに歯が動いてきますので慣れてきます。

Q締め付けられる感じは、ずっとするの?

いいえ。新しいマウスピースを装着して数時間だけ感じます。それ以降は、はずす時と装着する時に圧迫感を感じます。いったん装着してしまえば装着している間はほとんど圧迫感を感じなくなります。

Qマウスピース矯正では歯を抜かないといけないの?

いいえ。マウスピース矯正は歯を抜かないで治療することがメリットの1つでもあります。

Q痛くない?

患者さんからすると、歯を抜かないのか、痛くないのか、治療費はトータルでいくらになるのかということは、何回聞いてもハッキリしておきたいところだと思います。その気持ちは皆さん同じでしょう。

Qマウスピースをしたまま食事をしたり飲み物を飲んだりしてはだめですか?

マウスピースをしたまま食事をされてもかまいません。ただ、水などは装着したまま飲んでもらってもかまいませんが、糖分の含まれているような飲み物ですとマウスピースの中に入り込んだままになると虫歯の原因になりますので、なるべく飲んだ後はマウスピースをはずし軽くうがいをすることをお勧めします。

Qマウスピースが壊れることはありますか?

マウスピースは薄いプラスチックでできています。そのため長期間使用していれば壊れることもありますが、1~2週間ごとに交換していくものですので、その間に壊れることはまずないでしょう。例えば、マウスピースをはずして食事をしていて、ティッシュか何かにくるんでいて、そのままゴミと間違えて捨ててしまったということはよくあります。取り外しが出来るということはなくす心配もあるということなんですよ。

Qマウスピース矯正の治療期間はどのくらい?

金澤むさし歯科医院でのワイヤーを使用する従来の矯正治療はほとんどの場合1年前後で終了します。しかし、ワイヤーの矯正治療と違いマウスピース矯正の場合には患者さん自身でマウスピースを装着していただく必要があるため患者さんの協力度によって治療期間は大きく変わってきます。また、それぞれの患者さんの歯並びの状態によっても違ってきますが、前歯だけの部分的な矯正治療なら半年~1年ぐらいです。

Qマウスピース矯正の治療費は高い?

ワイヤーを使用した矯正治療は治療期間や使用する器具などによって治療費が違ってきますが、作成するマウスピースの数によって治療費に差が出ます。最初の歯並びの状態によってたくさんのマウスピースを作らなければいけない場合はおのずとその人の治療費は少し高くなります。目安としては白いブラケットをつけて治療する場合より少し高いぐらいだと思っていただければいいと思います。マウスピース矯正が特別高い治療ではありません。

Qマウスピースのお手入れ方法は?

基本的には水洗いでかまいませんが汚れがひどい場合にはポリデントなど市販の入れ歯洗浄剤で洗っていただくとキレイになります。通常マウスピースは1~2週間ごとに新しいものに交換していきますのでその間きれいに保たれていればよいのでそれほど神経質になる必要はないでしょう。

Q歯がきれいに並んだ後にもすることはありますか?

キレイな歯並びになった後は、歯が動いて元のように戻らないようにしなくてはいけません。せっかく苦労して歯並びをきれいにしたのにアフターケアを怠ると、あっという間に元のような歯並びに戻ってしまうのです。そのようなことがないようにキレイな歯並びになった後にはリテーナーといって歯が元のように戻らないようにするための装置を入れていただきます。リテーナー用のマウスピースを使っていただきますが矯正用のマウスピースよりも薄くて、見た目にもよりわかりにくく、さらに快適なものになります。

Q一生マウスピースをすることになるのですか?

それはありません。リテーナーは歯の後戻りの状態をチェックしていきながら徐々に装着時間を減らしていきます。何ヶ月で絶対に大丈夫というものではないので、しばらくは定期的にチェックしたほうがいいと思います。歯並びがきれいになっても安心せずなるべく長い間リテーナーを装着していただき、そのうち就寝時のみ装着していただくというふうになります。(平均2~3年)そして2日に一度、3日に一度というふうに徐々に間隔をあけていき1週間に一度しか装着しなくても歯が動かないようであれば、リテーナーを装着しなくても歯は動かないでしょう。

Qマウスピース矯正をする医院を選ぶときにどのようなことに気をつければいいですか?

ワイヤーで矯正するかマウスピースで矯正するかというのは治療方法の選択肢の1つですので、その治療法を取り入れているかいないかは医院によって違ってくると思います。マウスピース矯正を行っている医院の中から選ぶ際に重要なのは、きちんとワイヤーテクニックの矯正の知識のもっている先生のいる医院を選ぶべきです。具体的に言いますと、噛み合せの考えがしっかりしていない医院ではどんな方法で治療したとしても、正しいゴールにはたどり着かない可能性があります。

HOME >部分矯正Q&A